家づくりの進め方

大切なお話
家づくりの進め方

_

HAPPYな生活の資金計画


いま(現在)も昔も多くの家族が、出産や子供の成長を機会に「マイホーム」をと考え始めます。

さて、質問です。


あなたは家を建てたら何をしたいですか?

こども.jpg子どもとたくさん遊びたい
ぱーてぃー.jpg友達とパーティーをしたい
りょうり.jpgおいしい料理を作りたい
しゅみ.jpg趣味を充実させたい

たくさんの夢がふくらむことと思います。家に住んでからの楽しい生活を想像すること。
それも家づくりにおいて大切な準備のひとつです。ですが・・・。
「夢」だけでなく「現実」も大切
理想を重視するあまり予算以上の家を建ててしまうのはいけません。
それでは、生活が苦しくなり家族の心がギスギスしてしまうことでしょう。
HAPPYな家にするためには、資金計画本物の住宅が必要不可欠です。



本物の住宅!?


どの業者で建てても室内が快適で心地良い空間だと思いますか?
いまの時代、優れた建材がでているから仕上がりは同じ。というのはナンセンス。
例えば冬の間、毎日結露して窓の下は水浸し・・・冬に家が寒い。
逆に夏は家が暑すぎて部屋のエアコンをフル稼働しないと住めない。
という話は、いまだに聞く話です。
それ、本当に怖いです。
本当に快適で心地良い、室内空間・室内環境があります。
知識と技術と現場の心づかいがなければ、本物の住宅はつくれません。

LinkIcon住まいの性能を決める指標についてはこちら

見学会での情報収集


「ネットで十分」「雑誌・本でみたから大丈夫」など感じる方も多いかもしれませんが、写真や動画だけでは実際の大きさや環境を体験できません。細やかな部分を確認することもできません。
まずは現場をみてイメージを固める事が大切です。
見学会に足を運んで実際にみて、「どんな家をつくりたいか」「どんな人に家づくりを手伝ってもらいたいか」といったイメージが自然と固まってきます。

便利に暮らすための工夫って?
窓や水廻りの配置など、快適さを追求するための工夫とは?
家の性能、どうやってみればいい?
土地の現場を見るときのポイントは?
気密住宅っていうけど、なんで大切なの?
家事動線や子育てのことを考えたい。


「この会社と家づくりをしてみたい」と思える会社に出会ったらご連絡を。
本やインターネット、見学会などで本当に良いと思える会社に出会ったら資料請求をしましょう。
厳選した数社をじっくり見くらべて、最善の会社を探しましょう。


about1.png____about2.png____about3.png